<< 出し方も料理 | main | 診断は一種の燃えつき >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

ただ思いついたから

このブログを書き始めたころ、もちろんネット人口は多かったけれど、
そんなに身の回りの人がネットに時間を割いていなくて
あとから振り返るのに便利くらいの理由でプライベートも垂れ流していた。
家族の悪口とかね。
数年たって、検索で見つける人が増えてきて、
その頃にこのブログを知った人の中には、わたしが誰だか知られたくない人もある。
もちろんそうなる可能性は知っていたし、
そしたらここじゃないどこかへ行けばいいと思っていた。

そうやってホームを棄ててここじゃないどこかに移動してきたせいで
インターネットのあちこちにわたしの痕跡がある。

ブログを書くときに、何を書こうかしらと決めていないし
短い時間で推敲もせずにただ投稿ボタンを押すようなブログなのだから
棄ててしまってもいいのだけれど。

ただ、数年経って見返した時に、
これを本当に自分が書いたのだろうかと思いながら読む楽しさは
なかなか得難いものがあるのだ。
もちろん赤面モノで消したいと思うこともあるのだが。
過去エントリを全部消してしまうだけの気になれないのは
そんなこともあるのかもしれない。

これって、「古い手紙が捨てられない」のと同じだなあ。
現実のわたしはといえば、手紙を長く取っておく趣味は無いのだが。
いつか、死んでしまう前に、あちこちを回って自分の痕跡を消そう。
全部ログインできるといいのだが…
(もうやった方がいいという突っ込みは、どうぞしてください。
 「若くない」という自覚はあるし、若くして死ぬ人もあるのだから
 やるのだったら今なんだろうが)
日々のかけら | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://ririkono.jugem.cc/trackback/777
Trackback